サラ金のCMにアイドルや女優までが出る時代になった理由

 おすすめ順 サラ金 金利 限度額
プロミス 4.5〜17.8% 500万円
アコム 3.0〜18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%〜18.0% 500万円
アイフル 4.5〜18.0% 500万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%〜14.5% 800万円

「※当社調べ」

サラ金のCMにアイドルが出る時代

サラ金のCMにアイドルが出る時代になりました。銀行カードローンではありますが元消費者金融の新生銀行カードローンのレイクにAKB48がイメージキャラクターになっていることも話題になったのは2015年頃のことです。(※新生銀行カードローンレイクは、2018年4月より新規申し込みの受付を停止しております)

 

渡部篤郎さんや佐藤美希さん、足立梨花(みるコンサートCM)さんなど「サラ金業者」であるアコムのCMに出演しています。

 

サラ金のCMに出ること、それには大きなマイナスイメージがつくと考えられますがどうなのでしょうか?

 

大手サラ金は誰を起用?

続々と大物芸能人、旬なアイドルがサラ金のCMに出演しています。過去の出演タレントも併せてみてみましょう。

 

  プロミス アイフル アコム
過去

高柳愛実
田中直樹
西田尚美
溝端淳平
岡本玲

バナナマン

永作博美
前田敦子
武井壮

過去

愛川欽也
立花理佐
内田有紀
マイケル富岡
バカルディ
三田あいり
菊地康二
井上和香
中川翔子
桐谷健太
AAA
清野優美
奥村知史
カエル
相武紗季
鈴木あきえ
中川美樹
外岡えりか
原裕美子
吹越満
谷原章介
勝地涼
柄本時生
森カンナ

あべ静江
松本伊代
辰田さやか
和田聰宏
チワワ
安田美沙子
うえむらちか

セイン・カミュ
柳沢慎吾
川合千春
奥山佳恵
萩原流行
小野真弓
木下鈴奈
大場久美子
高木美保
石坂ちなみ
浅野さと子
松居直美
ケント・ギルバート
品川庄司
熊田曜子
木内晶子
カンニング竹山
ヒロシ
ウド鈴木
太田有美
益田キートン
森山周一郎
江波戸ミロ
大堀恵
大島麻衣
篠田麻里子
タモリ
錦野旦
小坂一也
石原あつ美
渡辺真理

 

実に多くの有名人がサラ金CMに出演していた過去を持っています。並べてみてみると思い出すCMもあるでしょう。アイフルのチワワCMは一世を風靡しました。

 

現在出演しているタレントをみても、決して落ち目とは言えない面々ばかりです。むしろ旬のアイドル、大物といえる俳優ばかりです。

 

サラ金CMはギャラが高いから引き受ける?

確かにサラ金のCMはギャラが通常の10倍という噂はあります。調べてみてもタレントごとのCM収入をランキングした(推測)はありますが、どのCMのギャラがどのくらいなのかということを調べることはできませんでした。それでもサラ金CMは高額収入である、それは一般的な見解のようです。

 

それではなぜ、サラ金CMはイメージが悪いとされているのでしょうか。サラ金とは異なりますが、一つ例をみてみましょう!

 

2005年から2010年、4650万個の販売を記録した石鹸がありました。そのCMに起用されたのは大物女優、現在は朝の情報番組の司会をしています。あの美しい肌、透明感とハリのある肌、その石鹸を使っているからこその肌なのだと多くの女性は感じたことでしょう。しかし、その石鹸は小麦加水分解物によって小麦アレルギーを発症する事例が相次ぎ被害者が一斉提訴をする時代にまで発展しました。

 

起用されているタレントのイメージはその商品を保証することとイコールであるとも考えられるものです。この人が出ているCMなら大丈夫、この人が進めている商品なら大丈夫。消費者はCMのイメージと商品のイメージを直結して考えます。

 

サラ金といえば、街金、高利貸しなどがいまだイメージとして先行することは少なくありません。そこにつながるイメージをタレントに持たせること、それを避けるのは当然と考えられていました。

 

サラ金のイメージが変わった象徴

旬なアイドル、芸人、俳優が相次いでサラ金のCMにでていること。ここにはいくつかの理由があります。

 

  • サラ金がメガバンク系列になっている
  • 貸金業法改正によって高金利ではなくなった

 

貸金業法が改正されサラ金はかつての高金利ではなくなりました。利息制限法を超えた金利を設定したサラ金に対しての罰則が強化され、正当なサラ金では利息制限法を超える暴利をとることはありません。

 

また、もう一つサラ金へのイメージとして過剰貸し付けによる恐怖の取り立てもありますが、これもまた、総量規制が施工されたことによって個人が貸金業者から借り入れができる総額は年収の3分の1までに抑えられ、借り過ぎによる多重債務は格段に少なくなりました。

 

つまり、サラ金はもはや正当でかつ適正な運営を行う貸金業者であるということ。

 

それに加えてサラ金として単独の運営を行っているのはアイフルのみであり、そのほかの大手サラ金はメガバンクのグループに属しています。単独営業をしているアイフルも上場企業。つまり、大手サラ金はそれこそ「大手」であることが大きな安心につながっています。

 

今、銀行カードローンのCMを引き受けることと、大手サラ金のCMを引き受けることにそれほど大きな差がなくなってきているのがギャラとは違った理由の一つになっているのかもしれません。