サラ金に借金があるとクレジットカードを作れない?

サラ金に借金があるとクレジットカードを作れない?

インターネットの情報サイトなどには、よく「サラ金を利用しているとクレジットカードの審査に通らない」という内容が掲載されています。

 

普段のショッピングなどに利用したい、海外旅行を景気にクレジットカードを作りたいと考えている方にとっては気になるところです。果たしてこれは本当なのでしょうか?

 

サラ金会社とクレジットカード会社の関連性

各クレジットカード会社、つまり信販会社ではCICという個人信用情報機関に加盟しています。信販会社での借入履歴・返済状況・延滞実績などの情報については、CIC加盟店はCICにその情報を登録することが義務付けられています。

 

CIC加盟店であれば、他のCIC加盟店、つまり他の信販会社での利用情報が分かる仕組みになっています。その情報を新規申込時の審査に活用しているのです。

 

一方サラ金(消費者金融)ではJICCという個人信用情報機関に加盟しています。

 

内容はCICとほぼ同様ですが、JICC・CICとも登録された情報はお互いに共有されるシステムになっています。つまりCICの加盟店(信販会社)とJICC加盟店(サラ金)は情報を共有していることになります。

 

また多くの信販会社はCICと同様に、JICCにも加盟している場合が多くなっています。

 

クレジットカードの申込を受付した段階で、CICとJICCの両方に情報の照会を行うことになります。ですので、サラ金が加盟しているJICCの情報が信販会社にも筒抜けとなるのです。

 

  • サラ金で借入しているか?
  • どれだけの金額を借入し、返済しているのか?
  • 過去に返済遅延などの事故を発生させていないか?

 

当然、これらの情報はクレジットカードの審査に影響を与えることになるでしょう。

 

 

借入過多や過去に事故を発生させている場合、クレジットカードの審査にも大きな悪影響を与えることが想像されます。


 

現在はサラ金を利用していない場合は?

過去にサラ金で借入を利用していたが、完済して現在は利用が無いという場合はどうでしょうか。過去に返済の遅延などの事故を発生していないと仮定して考えてみましょう。

 

この場合、契約解除の有無で状況が異なってきます。

 

  • 契約解除=解約されていない場合、借入額は0ですが、信販会社側は借入ができる状態だと認識することが予想されます。

 

つまりクレジットカードを作ったあとで、まだ解約されていない契約を利用して借入を行うかもしれないと認識する可能性があるということです。

 

あまり高額の契約が解除されていないと、クレジットカードの審査にも影響を与えるでしょう。

 

  • 契約解除=解約されている場合は、このような心配はありません。

 

返済をきちんと行っていれば、クレジットカードの審査に影響を与えることはないでしょう。逆に「きちんと最後まで返済した」という信頼性を与え、クレジットカードの審査にプラスに作用することも考えられます。