サラ金は限度額いくらまで借りることができるのか?

サラ金でいくらまで借りることができるのか?

サラ金で借りることができる金額は、申込時の審査により決定されます。サラ金会社で取り扱っている商品の借入可能金額が、例えば500万円と提示されていても、当然だれもが500万円まで借入できるとは限りません。

 

審査基準、つまり借入可能金額の基準も各社異なっています。ただし、その一つの基準が「申込者の収入+他社からの借入状況」といわれています。

 

  • 収入が多い→返済できる金額も多い
  • 他社借入が少ない→返済できる金額も多い

 

これについては多くの方が理解できるでしょう。この基準についても各社様々で、例えば同じ申込者でもA社では30万円だったけど、B社では50万円借りることができたということもあります。

 

こればかりは、実際に申込を受けてみなければわかりません。

 

ただし一般的には、初めて利用される方は「50万円以下」とされているようです。

 

支払い可能見込み額の考え方

サラ金での借入可能金額を決定されるのに、一般的に利用されているのが「支払い可能見込み額」と呼ばれるものです。1年間の支払い可能見込み額は、以下の算式で計算されます。

 

  • 支払可能見込み額=(年収-生活維持費-債務残高)×0.9

生活維持費とは最低限生活を維持するのに必要な経費のことで、食費などが当てはまります。

 

例えば年収400万円、生活維持費が毎月20万円、債務残高が50万円の方の場合、1年間の支払い可能見込み額は、以下の通りに計算されます。

 

  • (400万円ー240万円-50万円)×0.9=99万円

 

もちろんこれは目安となる計算金額です。実際には仕事の安定性、居住形態、家族構成などで大きく左右されることになります。

 

どちらにしても支払い可能見込み額、強いては借入可能金額を決める際には、「収入」「債務残高」が大きなウエイトを占めることになります。

 

年収の3分の1が上限

またサラ金で借入可能金額を決定するのに大きなポイントとなっているのが「総借入残高が年収の3分の1を超えることはできない」という法律上のルールです。

 

いわゆる「総量規制」の制度で、例えば年収300万円の方は、総借入金額がその3分の1である100万円に制限されることになります。

 

法律上の制限ですので、どう頑張ってもこれ以上の借入はできません。

 

総量規制のポイントは「総借入残高」であるということです。すでに他社で年収の3分の1以上の借入を利用している場合、基本的に新規の借入は利用できないことになります。

 

 

総量規制は一部で例外のケースなどが定められています。
しかし一般的にはやはり年収の3分の1以上の借入はできません。
仮にその基準を超える借入可能としたサラ金会社は、法律を遵守しないいわゆる「闇金」」である可能性が高いので注意しましょう。