賢いサラ金会社の選び方、2つのポイント

賢いサラ金会社の選び方、2つのポイント

「サラ金でお金を借りたいが、どこが安全なのだろうか」
「はたしてこの会社は大丈夫なのだろうか」

 

街中のサラ金でお金を借りたいと考えても、どこに申し込めばいいのか悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

サラ金といっても、大小様々な会社があります。しかも「サラ金」という名称には、どうしてもマイナスのイメージが付きまといます。お金を借りたいと考えても、申込会社に不安を感じてしまうのも無理はありません。

 

最近のサラ金は、法律の整備や規制の強化により、安全・安心して利用できるようになっています。とはいっても、いわゆる「闇金」の存在を無視するわけにはいきません。「闇金」の被害にあわないためにも、賢いサラ金会社の選び方について考えてみましょう。

 

ここでは主に2つのポイントを押さえておくことをお勧めします。この2つのポイントに注意しておけば、少なくとも闇金の被害に遭う心配はないといえるでしょう。

 

大手先を選択する

まずは名のしれた大手先を選択候補に挙げるようにしましょう。CMで放送されている、誰でも知っている大手サラ金会社であれば、世間体もありますので、闇金のような高利での契約はまずありません。

 

社員教育もしっかりされていますので、安心して借入を利用することができます。

 

サラ金は最近では消費者金融と呼ばれるようになっています。一時期の消費者金融は「グレーゾーン金利」といった高利での契約も行っていました。

 

しかしグレーゾーン金利が法律上も撤廃されて以降は、「利息制限法」などの法律に従った金利契約を遂行しています。さらに顧客獲得競争が激化していることから、近年ではより低い金利での借入も可能になっています。

 

消費者金融の金利は、一般的には銀行ローンと比較して高めといわれています。

 

それでも「即日融資」「一定期間無利息」などのサービスが充実しています。
この点においてて、大手サラ金(消費者金融)をます選択候補と挙げるようにしてみましょう。

 

貸金業登録業者であるかどうかを調べる

名の知れた大手サラ金先以外にも、街中には中小サラ金がたくさんあります。ふと目の留まった先で申込を行うのは、はたしてどうなのでしょうか。

 

ここで注意しておくべき最大のポイントは「貸金業登録業者」であるかどうかです。

 

貸金業を営むには国や都道府県から営業許可を受けて、登録する必要があります。逆にいえば登録なしに貸付を行うことは禁止されており、登録を受けていないサラ金は違法業者=闇金であるといえます。

 

闇金かどうかの判断は、まずは登録業者であるかどうかを調べてみましょう。

 

金融庁のホームページには「登録貸金業情報検索」のサービスが設けられています。ホームページにアクセスし、下記のうちいずれかの項目を入力し、検索してみましょう。

 

  • 登録番号
  • 所在地
  • 商号・名称
  • 代表者名(漢字・カタカナ)
  • 電話番号

 

検索結果でヒットしなければ、それだけで違法業者=闇金であるということになります。最近の闇金は大手会社の名称をまねた屋号を掲げている先も存在しています。

 

一見安心できそうな会社でも、実は違法業者であるという先も多く発見されています。不安に感じたら、まずは貸金業登録業者であるかどうかを確認してみましょう。