携帯契約を迫るサラ金には要注意!!

携帯契約を迫るサラ金には要注意!!

「携帯電話を分割購入して送ってくればすぐに融資可能です、本人確認のためにも必要なので携帯電話を送ってください」

 

「融資審査は不合格ですが、携帯を契約して送ってくれれば買取させていただきます」

 

このような要求をしてくるサラ金があります。他社の審査に合格できない、どうしても借入できないという方にとっては、非常に魅力的な提案に思えます。

 

しかしこのような要求には、絶対に乗らないようにしましょう。

 

携帯電話を契約、発送させ買い取るという名義で、実は携帯電話をだまし取る詐欺の手口なのです。もちろん実際に融資を行うことはありませんので、気が付いた時には行方不明で連絡もつかないといった状態になってしまいます。

 

まずは実際に起こった事例を2点紹介しましょう。

 

融資の審査は難しいですが、携帯電話を買ってくれれば買い取りますと提案されました。

 


500万円の借金の返済のために、新たに融資を受けようと思って複数のサラ金会社にも申し込みましたが、審査が通りませんでした。

 

数日後、知らない電話番号から連絡があり「融資はできませんが、携帯電話端末を買ってくれれば現金で買い取ります」といわれました。

 

いったんは断ったものの、「80万円で買い取ります」と言われて押し切られてしまい、スマートフォンとタブレット端末計11台以上契約してしまいました。

 

その後、スマートフォン等を指定された住所に送ったが、10万円しか入金されず、業者とも連絡がとれなくなりました。

 

スマートフォン等の契約はすぐに解約したが、端末代金と解除料が請求されてしまい、支払額が余計に増えてしまいました。

 

携帯電話を契約すれば信用が戻り、融資ができますと提案されました。

 


 

収入が少なく生活費が足りない状況になってしまい、インターネットで探したサラ金会社Aに融資を申込しました。

 

その結果、「審査を行いましたが、あなたには信用が不足しています、信用を取り戻すためには、携帯電話を契約する必要があります、携帯電話を契約すれば100万円融資が可能です」と言われました。

 

紹介された別の事業者Bの指示に従うように言われ、事業者Bに指示されたとおりに、スマートフォンとタブレット端末を計3台を契約しました。

 

サラ金会社Aに電話で確認すると「信用回復ができた」と回答を得ましたが、事業者Bから電話があり、さらに4台契約する必要があると言われ、不審に思いました。

 

すぐに携帯端末を返却しようと携帯ショップに出向いたところ、解約するには違約金が必要とのこと。

 

さらに事業者Bから、キャンセルするなら、情報料として10万円支払えと、半分脅しのように言われました。

 

詐欺に騙されないように

これらの事例の他にも、携帯電話を契約させた詐欺行為は多数報告されています。

 

「携帯電話代金は当社が負担(あとから返金)するので問題ありません。」
「希望するのなら携帯電話本体を返すことも可能です。」
「携帯電話を送ってもらうのは本人確認と審査を通すことが目的ですので安心してください。」

 

最初のうちは、非常に丁寧な口調で言葉巧みに説明して、携帯電話の契約を進めてきます。その後、携帯電話を指定の私書箱宛に送らせようとし,場合によっては勝手に申込者の自宅付近の販売店に取り置きの電話を入れたりしてキャンセルが出来ない方向に誘導してきます。

 

それからも、頻繁に電話のやり取りを続けて考える時間を与えないようにしてきます。しかし、送らせた後は急に連絡が途絶え,携帯電話は戻って来ず,料金は自分持ちになってしまうのです。

 

これが「携帯電話買取詐欺又は携帯電話担保融資詐欺」と呼ばれる悪徳業者のお決まりの手法なのです。

 

このような詐欺に騙されるのは、ほとんどが総量規制やブラックのために、大手サラ金会社からは融資を受けることができない状態の方です。

 

しかし、逆に支払い負担が増えるだけでなく、携帯電話を他人に譲渡する行為は携帯電話不正利用防止法違反や詐欺罪により刑事罰が科される危険性もあります。絶対にこのような提案には乗らないように注意しましょう。