サラ金を利用する場合、必ず契約書を確認しよう!!

サラ金を利用する場合、必ず契約書を確認しよう!!

サラ金からお金を借りる場合、必ず契約書が作成されます。一般的には「金銭消費貸借契約書」が作成され、これに基づき融資実行と借入以後の返済が行われることになります。

 

サラ金に限りませんが、お金の貸し借りでは必ず契約書をきちんと確認しておく必要があります。とくに「急いで借りなければいけない」といった状況では、契約書に目を通さないで金銭契約を結んでしまうこともあるかもしれません。

 

しかし後から思いもかけない危険が潜んでいるかもしれませんので注意しましょう。

 

「金銭消費貸借契約」とは?

まずは「金銭消費貸借契約」とは何か考えてみましょう。

 

金融の専門用語ですので、少し分かりづらいかもしれませんが、この言葉を「金銭」「消費貸借」というように2つに分けると理解しやすいかもしれません。

 

金銭」とはそのまま「お金」のことです。
消費貸借」とは借りたものと同等のものを返還する、という意味です。

 

つまり「金銭消費貸借契約」とは、返済を前提としてお金を借りる契約のことを指しています。具体的には、金融機関からお金を借りて必ず返済しますと法的に約束することが金銭消費貸借契約です。
金銭消費貸借契約を交わすケースとしては以下のような場合があります。

  • 銀行などからお金を借りる
  • サラ金(消費者金融)からお金を借りる
  • 住宅ローンでお金を借りる
  • カードローンでお金を借りる
  • 親戚や知人からお金を借りる

 など

 

このようにお金に関係する貸し借りで、交わされるのが金銭消費貸借契約となります。

 

金銭消費貸借契約書とは?

金銭の貸し借りに関係する契約、つまり金銭消費貸借契約では、契約書や借用書が作成されるのが一般的です。

 

しかし、借主側が貸主側に対して「将来、必ず返済します」と約束すれば、法律上はそれだけで契約は成立したとみなされます。つまり「口約束」だけで契約は成立してしまうのです。

 

 

しかし、これでは借主が返済の約束を破った場合など、その契約と返済の約束を証明することができません。そのために「契約が成立している」ことを証明する書類として作成されるのが「金銭消費貸借契約書」です。


 

金銭消費貸借契約書には、一般的に次の契約事項や記載事項が述べられています。

 

  • 貸主:お金を貸す側の氏名(会社名)や住所など
  • 借主:お金を借りる側の氏名(会社名)や住所など
  • 契約年月日:金銭消費者貸借契約を結んだ日
  • 債権額:借入した金額
  • 貸付条件:金銭貸借の条件
  • 弁済期:返済する期日
  • 利息:金利(利率)
  • 延滞損害金:返済が遅れた場合の賠償金
  • 返済方法:借入後の返済方法

 

他にも保証人(連帯保証人)や担保(抵当権・根抵当権)などの事項が契約されることもあります。

 

契約書の内容はきちんと確認しよう

これらの金銭消費貸借契約書の契約内容は、借入前に必ず確認することが重要です。金銭消費貸借契約に掲載された事項は、法律の定めに則った、すべて法的に有効であるとみなされます。

 

例えば、借主側が一方的に金利は10.0%%だと思い込んで署名捺印しても、契約書に15.0%と明記してあればそれに沿わなくてはなりません。

 

金銭消費貸借契約書を含む契約書は、法律で守られたものです。難しい言葉が並んでいますが、その内容をしっかり読んで理解しておかなければ、後で後悔してしまう危険も十分起こりえます。

 

契約書に署名捺印をする前には、内容をきちんと確認するようにしましょう。不明な点は担当者に確認して、自分で納得したうえで署名捺印することが大切です。

 

完済後の契約書は?

通常、契約書は2通作成され、貸主・借主双方でそれぞれ1通づつ保管しています。

 

ではサラ金からの借入を完済した後は、どうなるのでしょうか。

 

最近では完済を確認したサラ金会社から郵送などの手段で返還されるケースが多くなっています。以前は完済後もそのままサラ金会社で保管していることの多かったのですが、顧客に対する最後のサービスとして、顧客に返還するようになっています。

 

ただし自分から要求しないと返還されない先もまだまだ存在しています。

 

しかし契約書が返還されないからといって、当然ですがその契約が継続しているわけではありません。契約書通りに完済すれば、その時点でその契約は完了となりますので安心しておきましょう。

 

ちなみに金銭消費貸借契約書ではなく、カードローンなどの借入限度額を設定した「当座貸越契約」「カードローン契約」などでは、借入金を完済しただけではその契約は完了しません。

 

借入限度額が残っている以上、借入残高が0になっていても、その契約は有効です。カードローンなどを解約しなければ契約完了、契約書の返還も行われません。

 

サラ金の融資商品は、このようなカードローン契約も多くなっていますので注意しておきましょう。