サラ金の金利から利息を計算する

サラ金の金利から利息を計算する

サラ金の金利は高い、それが心配になっていることでしょう。確かに銀行カードローンに比べると金利は高く設定されています。しかし貸金業法にある利息制限法以内に抑えられた正当な金利です。イメージが先行しているかもしれませんが決して暴利ではありません。

 

年率、実質年率などさまざまな呼び名がありますがいずれも金利と同じ、年間にかかる利息の割合が金利です。

 

例えば、金利が18%であれば100万円借りたときの年間にかかる利息はその18%となる18万円ということになります。単純計算ではこのようになりますが、実際には借入残高に対してかかる金利となるため、毎月の返済によって借入残高が減り、利息はその都度変わっていきます。

 

この利息の計算方法を覚えておくことはサラ金でキャッシングをするときには欠かすことができません。返済額がすべて元金に充てられているのではなく、利息が引かれた残りが元金充当額です。そのため、利息がいくらになるのかを考えることで計画的を行っていくことができます。

 

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

利息の計算式に当てはめて実際に計算をしてみましょう!
30万円を金利18%で30日間の借り入れをします。

 

30万円(借入残高)×18%(金利)÷365日(年間日数)×30日(利用日数)=4438円(利息)

 

利息は4438円となりました。

 

@返済額の違いで元金充当額が変わる

利息が先に計算されるため、返済額を1万円とすれば元金充当額は5562円となります。返済額を2万円とすれば元金充当額は1万5562円になります。

 

 

返済額が多ければ元金充当額の割合が高くなることもわかります。返済額を抑えすぎると元金充当額よりも利息が上回ることがあります。返済額の調整は利息を考えた返済で欠かすことができないポイントです。

 

A利用日数の違いで利息そのものが変わる

利息は金利だけで決まるのではなく、利用日数によっても決まります。1日分の利息を何日分支払うのか、そう考えるとわかりやすいでしょう。利息の計算式を見てもまずは1日分の利息を計算し、そこに利用日数分をかけていることがわかります。

 

利用日数の違いでどのくらい利息が変わるのかをみてみましょう!

 

30万円を金利18%で30日間借り入れをします。
30万円×18%÷365日×30日=4438円
30万円を金利18%で15日間借り入れをします。
30万円×18%÷365日×15日=2219円

 

支払う利息は半分にまで減りました。早めに返済をすることで利息そのものを抑えることができます。

 

 

返済日はサラ金によって違いがあります。一般的には毎月決められた返済日があり当月の返済日に充てられるのは返済期日の14日前からです。それ以前に返済をしても前月分の追加返済となります。
しかし35日ごとの返済があるサラ金であればいつでも返済は可能です。返済をしたその日から数えて35日目が返済日になります。言い方を変えれば返済をした日から35日以内に返済をすること、それが35日ごとの返済です。


 

実際に借りると利息はいくら?

サラ金から実際に借り入れをすると毎月の利息はいくらになるでしょうか。毎月の返済額によっても異なりますが実際に計算をしてみましょう。

 

大手サラ金では一般的に上限金利は18.0%です。

 

50万円を金利18.0%で借りて毎月1万3000円返済した場合

返済回数は58回、利息の支払い額は合計で251,057円になっています。

 

回数 返済額 元金 利息 残高
1 13,000 5,500 7,500 494,500
2 13,000 5,583 7,417 488,917
3 13,000 5,667 7,333 483,250
4 13,000 5,752 7,248 477,498
5 13,000 5,838 7,162 471,660
6 13,000 5,926 7,074 465,734
7 13,000 6,014 6,986 459,720
8 13,000 6,105 6,895 453,615
9 13,000 6,196 6,804 447,419
10 13,000 6,289 6,711 441,130
11 13,000 6,384 6,616 434,746
12 13,000 6,479 6,521 428,267
13 13,000 6,576 6,424 421,691
14 13,000 6,675 6,325 415,016
15 13,000 6,775 6,225 408,241
16 13,000 6,877 6,123 401,364
17 13,000 6,980 6,020 394,384
18 13,000 7,085 5,915 387,299
19 13,000 7,191 5,809 380,108
20 13,000 7,299 5,701 372,809
21 13,000 7,408 5,592 365,401
22 13,000 7,519 5,481 357,882
23 13,000 7,632 5,368 350,250
24 13,000 7,747 5,253 342,503
25 13,000 7,863 5,137 334,640
26 13,000 7,981 5,019 326,659
27 13,000 8,101 4,899 318,558
28 13,000 8,222 4,778 310,336
29 13,000 8,345 4,655 301,991
30 13,000 8,471 4,529 293,520
31 13,000 8,598 4,402 284,922
32 13,000 8,727 4,273 276,195
33 13,000 8,858 4,142 267,337
34 13,000 8,990 4,010 258,347
35 13,000 9,125 3,875 249,222
36 13,000 9,262 3,738 239,960
37 13,000 9,401 3,599 230,559
38 13,000 9,542 3,458 221,017
39 13,000 9,685 3,315 211,332
40 13,000 9,831 3,169 201,501
41 13,000 9,978 3,022 191,523
42 13,000 10,128 2,872 181,395
43 13,000 10,280 2,720 171,115
44 13,000 10,434 2,566 160,681
45 13,000 10,590 2,410 150,091
46 13,000 10,749 2,251 139,342
47 13,000 10,910 2,090 128,432
48 13,000 11,074 1,926 117,358
49 13,000 11,240 1,760 106,118
50 13,000 11,409 1,591 94,709
51 13,000 11,580 1,420 83,129
52 13,000 11,754 1,246 71,375
53 13,000 11,930 1,070 59,445
54 13,000 12,109 891 47,336
55 13,000 12,290 710 35,046
56 13,000 12,475 525 22,571
57 13,000 12,662 338 9,909
58 10,057 9,909 148 0
累計 751,057 500,000 251,057 0

 

 

50万円を金利18.0%で借りて毎月3万円返済した場合

返済回数は20回、利息の支払い額は合計で79,706円になっています。

 

回数 返済額 元金 利息 残高
1 30,000 22,500 7,500 477,500
2 30,000 22,838 7,162 454,662
3 30,000 23,181 6,819 431,481
4 30,000 23,528 6,472 407,953
5 30,000 23,881 6,119 384,072
6 30,000 24,239 5,761 359,833
7 30,000 24,603 5,397 335,230
8 30,000 24,972 5,028 310,258
9 30,000 25,347 4,653 284,911
10 30,000 25,727 4,273 259,184
11 30,000 26,113 3,887 233,071
12 30,000 26,504 3,496 206,567
13 30,000 26,902 3,098 179,665
14 30,000 27,306 2,694 152,359
15 30,000 27,715 2,285 124,644
16 30,000 28,131 1,869 96,513
17 30,000 28,553 1,447 67,960
18 30,000 28,981 1,019 38,979
19 30,000 29,416 584 9,563
20 9,706 9,563 143 0
累計 579,706 500,000 79,706 0

 

 

 

返済額による利息総額の大きな違い
毎月の返済額を変えることで利息の支払い総額には17万1351円の違いが出ました。最低返済額ではなく自分で返済額をコントロールすることが必要になることがわかります。


 

利息制限法では100万円以上の借り入れは金利上限が15.0%になっています。

 

100万円を金利15.0%で借りて毎月2万円返済した場合

返済回数は79回、利息の支払い額は合計で579,052円になっています。

 

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20,000 7,500 12,500 992,500
2 20,000 7,594 12,406 984,906
3 20,000 7,689 12,311 977,217
4 20,000 7,785 12,215 969,432
5 20,000 7,883 12,117 961,549
6 20,000 7,981 12,019 953,568
7 20,000 8,081 11,919 945,487
8 20,000 8,182 11,818 937,305
9 20,000 8,284 11,716 929,021
10 20,000 8,388 11,612 920,633
11 20,000 8,493 11,507 912,140
12 20,000 8,599 11,401 903,541
13 20,000 8,706 11,294 894,835
14 20,000 8,815 11,185 886,020
15 20,000 8,925 11,075 877,095
16 20,000 9,037 10,963 868,058
17 20,000 9,150 10,850 858,908
18 20,000 9,264 10,736 849,644
19 20,000 9,380 10,620 840,264
20 20,000 9,497 10,503 830,767
21 20,000 9,616 10,384 821,151
22 20,000 9,736 10,264 811,415
23 20,000 9,858 10,142 801,557
24 20,000 9,981 10,019 791,576
25 20,000 10,106 9,894 781,470
26 20,000 10,232 9,768 771,238
27 20,000 10,360 9,640 760,878
28 20,000 10,490 9,510 750,388
29 20,000 10,621 9,379 739,767
30 20,000 10,753 9,247 729,014
31 20,000 10,888 9,112 718,126
32 20,000 11,024 8,976 707,102
33 20,000 11,162 8,838 695,940
34 20,000 11,301 8,699 684,639
35 20,000 11,443 8,557 673,196
36 20,000 11,586 8,414 661,610
37 20,000 11,730 8,270 649,880
38 20,000 11,877 8,123 638,003
39 20,000 12,025 7,975 625,978
40 20,000 12,176 7,824 613,802
41 20,000 12,328 7,672 601,474
42 20,000 12,482 7,518 588,992
43 20,000 12,638 7,362 576,354
44 20,000 12,796 7,204 563,558
45 20,000 12,956 7,044 550,602
46 20,000 13,118 6,882 537,484
47 20,000 13,282 6,718 524,202
48 20,000 13,448 6,552 510,754
49 20,000 13,616 6,384 497,138
50 20,000 13,786 6,214 483,352
51 20,000 13,959 6,041 469,393
52 20,000 14,133 5,867 455,260
53 20,000 14,310 5,690 440,950
54 20,000 14,489 5,511 426,461
55 20,000 14,670 5,330 411,791
56 20,000 14,853 5,147 396,938
57 20,000 15,039 4,961 381,899
58 20,000 15,227 4,773 366,672
59 20,000 15,417 4,583 351,255
60 20,000 15,610 4,390 335,645
61 20,000 15,805 4,195 319,840
62 20,000 16,002 3,998 303,838
63 20,000 16,203 3,797 287,635
64 20,000 16,405 3,595 271,230
65 20,000 16,610 3,390 254,620
66 20,000 16,818 3,182 237,802
67 20,000 17,028 2,972 220,774
68 20,000 17,241 2,759 203,533
69 20,000 17,456 2,544 186,077
70 20,000 17,675 2,325 168,402
71 20,000 17,895 2,105 150,507
72 20,000 18,119 1,881 132,388
73 20,000 18,346 1,654 114,042
74 20,000 18,575 1,425 95,467
75 20,000 18,807 1,193 76,660
76 20,000 19,042 958 57,618
77 20,000 19,280 720 38,338
78 20,000 19,521 479 18,817
79 19,052 18,817 235 0
累計 1,579,052 1,000,000 579,052 0

 

 

100万円を金利15.0%で借りて毎月5万円返済した場合

返済回数は24回、利息の支払い額は合計で157,936円になっています。

 

回数 返済額 元金 利息 残高
1 50,000 37,500 12,500 962,500
2 50,000 37,969 12,031 924,531
3 50,000 38,444 11,556 886,087
4 50,000 38,924 11,076 847,163
5 50,000 39,411 10,589 807,752
6 50,000 39,904 10,096 767,848
7 50,000 40,402 9,598 727,446
8 50,000 40,907 9,093 686,539
9 50,000 41,419 8,581 645,120
10 50,000 41,936 8,064 603,184
11 50,000 42,461 7,539 560,723
12 50,000 42,991 7,009 517,732
13 50,000 43,529 6,471 474,203
14 50,000 44,073 5,927 430,130
15 50,000 44,624 5,376 385,506
16 50,000 45,182 4,818 340,324
17 50,000 45,746 4,254 294,578
18 50,000 46,318 3,682 248,260
19 50,000 46,897 3,103 201,363
20 50,000 47,483 2,517 153,880
21 50,000 48,077 1,923 105,803
22 50,000 48,678 1,322 57,125
23 50,000 49,286 714 7,839
24 7,936 7,839 97 0
累計 1,157,936 1,000,000 157,936 0

 

 

毎月支払う利息に注目してみましょう。返済額が小さければ利息が元金充当額を上回る回が続きます。「返済しても返済しても元金が減らない」という状況が生まれるのはこのためです。利息はいくらになるのか、サラ金の公式ホームページでは返済シミュレーションが用意されていますので必ずチェックしましょう。

 

サラ金の金利、どこが適用される?

サラ金の金利には幅があります。例えば3.0%〜18.0%。下限の金利である3.0%が適用されれば利息の負担は小さくて済みます。サラ金の金利は幅がある中からどの金利が決められるのでしょうか?

 

@利息制限法に基づいた金利

サラ金は貸金業です。貸金業法で定められた利息の上限があります。それが利息制限法です。

 

元金 金利上限
10万円未満 20.0%まで
10万円以上100万円未満 18.0%まで
100万円以上 15.0%まで

 

利息制限法を超えるっ金利が設定されていた場合、それを超えた部分の利息は支払う必要がありません。つまり、上限金利が18.0%と表記されていても、100万円以上の借り入れであれば上限金利は利息制限法に基づいて最大でも15.0%になります。

 

A初めての借り入れでは上限金利

下限金利で比較することには全く意味がありません。なぜなら初めての借り入れでは上限金利が適用されることが一般的であるためです。なぜ、上限金利が適用されるのでしょうか?

 

金利による利息はサラ金の利益になる、それはご存知でしょう。しかしそれだけではありません。金利=リスクでもあります。初めての借り入れでは実際の取引履歴がないために、確実に返済をするのか、返済を続けていくのかというサラ金側の不安があります。その不安が金利に表されています。

 

初めての借り入れでは上限金利が適用される、それを念頭に置いて比較をしましょう。

 

B誠実な利用で金利が下がる可能性

金利=リスクであるため、確実な返済を続けていれば金利が下がる可能性は十分にあります。はっきりと金利が下がるタイミングは公表されていませんが、実際の利用者の声を聞いてみると「半年」が目安になっている傾向があります。

 

 

実際の適用金利は不明瞭なのがサラ金のデメリット
銀行カードローンでは融資限度額に応じた適用金利が決められています。しかしサラ金では金利の幅が公開されているだけで実際に適用金利がはっきりとするのは審査の後です。計画を立てるためにも上限金利が適用されると考えておく必要があります。


 

金利が高いことはサラ金の欠点?

確かに銀行カードローンの一般的な上限金利である14.5%と比較すると金利が高いのはサラ金の欠点でもあるように感じられます。しかしそれは、そもそもサラ金の使い方を理解していないといえます。

 

サラ金は「少額キャッシング向けのローン商品」であるということ。大きな金額を借りたい、おまとめをしたいなどの使い方であればそれこそ銀行でのローンを検討した方がよいでしょう。金利の違いがはっきりとした利息の違いに現れます。

 

少額の借り入れで完済までの計画が立てられる範囲であればサラ金の金利は利息の大きく影響をするものではありません。例えば10万円を金利18.0%で月に2万円ずつ返済するとどうでしょうか。返済回数は6回、つまり半年で完済ができ、利息の総額も4,750円です。

 

サラ金にはサラ金の使い方があり、少額キャッシングに特化したものであるということをよく理解していれば賢い使い方ができるはずです。