サラ金の審査におけるクレヒスとは?

サラ金の審査におけるクレヒスとは?

サラ金の審査項目に「クレヒス」というものがあります。インターネットの情報サイトなどでも見かける「クレヒス」とは一体何なのでしょうか。

 

クレヒスとは?

何も知らない方が「クレヒス(クレジットヒストリー)」と聞くと、何かクレジットカードだけに関係する何かだと思ってしまうかもしれません。

 

クレヒスは、クレジットカードに限らず、サラ金・銀行ローン・マイカーローン・住宅ローンなどの各種ローンすべての金融関連借入に関係しています。

 

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、簡単に言えば「クレジットの履歴書」です。

 

クレジットカードを申し込んで契約すると、個人信用情報機関にその情報が登録されます。その情報の蓄積がクレヒスなのです。

 

サラ金などの金融機関の審査では、必ず個人信用情報を利用します。クレジットカード会社とサラ金会社の加盟する個人信用情報機関が異なっていたとしても安心できません。

 

 

日本の個人信用情報機関(3社あります)は、それぞれの情報を共有するシステムで結びついています。
クレジットカード会社の利用情報(クレヒス)は、サラ金会社でも確認できるのです。個人信用情報はサラ金審査において大きなウエイトを占めています。


 

あまり多くのクレジットカードを保有していると、申込者の年収からの判断で不合格となるかもしれません。もちろんクレジットカード保有数だけでなく、その利用実績・返済状況に問題があると、サラ金審査に合格できなくなるのは当然です。

 

成人して社会人になった段階で、クレジットカードを作られる方も多いでしょう。しかし日本の社会では、クレヒスについてよく説明せずに、多くの勧誘を行う傾向があります。

 

成長して、家族を持ち、いざ金融機関で借入を行おうとしても、クレヒスに傷がついてしまい、借入審査に合格できないということもあり得るでしょう。

 

クレジットカードを多く保有していると、それだけでサラ金をはじめとする金融機関の借入審査に大きな影響を与えることを覚えておきましょう。

 

全くクレヒスが無い場合は?

逆にこれまで全くクレジットカードを作ったことのないケース、つまりクレヒスが0のケースではどうでしょうか。

 

非常に微妙なところですが、実はクレヒス0という事実が審査に悪影響を与えることもあり得るのです。

とくに高年齢の方は、この傾向が強くなっています。

 

つまり、ある程度年齢がいった方に対して、クレジットカードの利用実績が全くない、クレヒスが0という事実は、逆に何か問題があるのではないかと判断されてしまうのです。

 

申込者になんらかの問題があるからクレジットカードが利用できない、結果サラ金で融資しても返済されない危険があると判断されてしまうことも考えられます。

 

この辺りはサラ金会社の対応が分かれるところですが、申込者の年齢だけでなく、年収や職業などの他の属性を加味しての判断となるのではないでしょうか。