サラ金は水商売・学生・パート主婦でも借りられるの?

どんな人でも借りられる?

気軽なイメージのサラ金ではありますが、どんな方でも借りることができるのでしょうか?サラ金の申込条件はこのようになっています。

 

満20歳以上で安定した収入がある方

 

年齢の上限が決められているサラ金もあり、ないサラ金もあり、また安定した収入にも定期収入という門限がつく場合もあります。しかし基本的には年齢がクリアできており収入があれば、申し込みができるということになります。

 

水商売は審査に通りづらい?

水商売が審査に通りづらいといわれている理由をみてみましょう!

 

  • 収入の安定がわかりづらい
  • 在籍確認がとりづらい

 

安定した収入とは何を指す?

「安定した収入」とはならない場合が多いことは事実です。水商売の場合、毎月、毎週、働いている日数が異なります。そのため収入が安定していないとみなされる場合が多くなっています。

 

しかし、アルバイトとして審査が行われることとなるため審査に通らないというわけではありません。毎月の収入ではなく「週に何度働いているのか」が重要になると考えましょう。

 

収入の高い低いは審査の結果に影響をするのではなく、毎月確実に返済ができるのかどうか、それを審査の重点としているために収入に見合った融資限度額が決められています。

 

例えば1月の収入が30万円、2月が10万円、3月が5万円、4月が40万円だったとしましょう。これでは安定していない収入となるため、返済額を考慮した融資限度額が決めづらくなるということがお分かりになるでしょう。

 

在籍確認はいつ行われる?

そして意外かもしれませんが、在籍確認によって審査が終わらないというケースも多くなります。審査時間はサラ金であれば最短30分程度となっています。申込完了後、30分以内に審査が終わるということです。

 

つまり、申込完了後30分以内に在籍確認が行われる可能性が高いことになります。

 

ところがサラ金は24時間営業ではなく審査に対応している時間は限られています。水商売となれば審査対応時間外になることも多いため在籍確認のタイミングがないこともありえるでしょう。大手サラ金各社の在籍確認について確認しましょう!

  プロミス モビット アコム
審査対応時間 9時〜21時 9時〜21時 9時〜21時
在籍確認 原則在籍確認アリ web完結は電話連絡なし 原則在籍確認アリ
相談で書類に変更可能 カード申込は相談で書類に変更可能 保険証種別によって書類で対応可能

 

審査対応時間は9時から21時と共通になりますが、在籍確認の方法は異なります。プロミスとモビットでは在籍を書類で証明することができます。「勤務先名と契約社名が記載された直近の給与明細書」が在籍を証明する書類です。

 

 

週に3日以上勤務しているなどの安定をみる環境が必要です。在籍確認の対応時間に間に合わない場合には在籍確認を証明書類で対応するサラ金を選択する方法もあります。


 

学生も申し込みができるって本当?

学生もサラ金の利用ができます。ただし条件としてやはり、満20歳以上の安定した収入があることがあるため、20歳以上のアルバイトによる収入を得ている学生が対象です。

 

学生借入先の選択肢として学生ローンもありますが、申し込みや借入返済に来店が必要であり、満18歳以上から利用ができるものの使い勝手の良さには疑問があります。

 

学生が気になる自宅への郵送物

学生が気になるポイントとして自宅への郵送物があるでしょう。申込方法でインターネットだけを使えばカードと契約書類が自宅への郵送となります。申し込みをインターネットで行い、契約は自動契約機を使うことでカードと契約書類をその場で受け取りができます。

 

それでは自宅への郵送物を避ける申込方法を確認しましょう!

 

  1. インターネットの公式ホームページから申し込み
  2. 申し込み完了後審査開始
  3. 審査結果連絡
  4. 自動契約機に向かう
  5. 自動契約機で必要書類の提出
  6. 自動契約機でカードと契約書の受け取り
  7. 利用開始

 

不便と感じるかもしれませんが、郵送物を避けるだけではなくもっとも早い借入方法でもあります。インターネット申し込みですべての手続きを完結させたいのであればカードと契約書は自宅への郵送となります。各サラ金でどのように郵送物があるのかをみてみましょう!

 

  プロミス モビット アコム
郵送方法 簡易書留 簡易書留 簡易書留
郵送差出人名 事務センター MCセンター ACサービスセンター

 

簡易書留で郵送となるため、自宅でサインをして受け取ることになります。本人である必要はありません。家族の誰かが受け取る可能性もあります。

 

 

【裏話】モビットでは申し込み時に相談をすることで郵便局止めでの対応も可能です。自宅への郵送ではなく、郵便局で本人確認書類を持参しての受け取りとなります。


 

間違いない方法としては、インターネット申し込み後の自動契約機が安全な手段となるでしょう。

 

パートをしていれば主婦も利用ができる?

貸金業法にある総量規制では、個人が貸金業者から借入ができる総額は年収の3分の1までとされています。そのため収入がない専業主婦は借入ができないとされていますがそうではありません。実際には貸金業法で、配偶者貸付を認めています。収入のない専業主婦でも、配偶者との世帯収入を対象とするものです。

 

しかし、現実的には専業主婦を対象としていないサラ金が大半となっています。

 

パートなどで収入を得ているのであれば主婦もサラ金の利用ができます。年収が高い、低いというのは重要ではありません。重要になるのはあくまでも「安定した収入」です。月収が5万円でも10万円でもその収入に見合った融資限度額が決められています。

 

主婦が気になるお得なサラ金

主婦だからこそ損をしないこと、お得であることは気になるポイントでしょう。サラ金には無利息期間を用意されていることがあります。

 

プロミス アコム
無利息期間 30日間 無利息期間 30日間
条件 プロミスを初めて利用すること 条件 初めてアコムを利用すること
Eメールアドレスを登録すること 35日ごとの返済を選択すること
WEB明細を利用すること
適用開始 初めての借り入れ翌日 適用開始 契約翌日

 

無利息期間があるのはプロミスとアコムですが、適用開始をみてみましょう。プロミスは初めての借入翌日からとなっており、アコムは契約翌日からとなっています。この違いは実は大きなものです。

 

プロミスではいつ契約をしても初めて利用するときには30日間無利息がありますが、アコムでは借入をするしないにかかわらず契約翌日には30日間無利息が開始されます。

 

どちらがお得になるのか、主婦の方であればすぐにおわかりになるでしょう。

サラ金は水商売・学生・パート主婦でも借りられるの?関連ページ

ブラック・無職・生活保護の人はサラ金の審査には通らない