サラ金の借金は相続しなければいけない?

サラ金の借金は相続しなければいけない?

あまり考えたくはありませんが、サラ金でお金を借りたまま利用者が亡くなってしまったらどうなるのでしょうか。借入者本人も残された家族に迷惑を掛けたくないと考えるでしょう。

 

遺族にとっても多額の借金の処理に困惑するかもしれません。万が一のためにも、正しい知識を持っておきたいものです。

 

借金も相続の対象となる!!

法律上は相続するのは財産だけではありません。借金を抱えた方が亡くなった場合、その借金も相続対象となります。

 

亡くなった方が残してしまった借金は、相続人に対して返済義務が引き継がれ支払う必要があります。

 

支払わずにいると、利息がどんどんと膨らんでいきます。債権者から裁判を起こされてしまうと相続した財産だけではなく、もともとの自分の財産も失う恐れがあります。

 

サラ金の借入は、基本的には保証人不要です。そのため返済義務は契約者本人のみとなります。その分、保証人のある借入に比較して金利が高めになっています。

 

しかし契約者が亡くなってしまった場合には、残りの借金は相続対象となります。相続人は、亡くなった方の契約を相続として引き継ぐことになるのです。

 

必ずしも相続する必要は無い?

亡くなった方の借金の額が高額であれば、それを返済するのは大変なことです。返済できるだけの財産があればそれを返済原資とすることもできるでしょうが、あまりにも借金が高額になれば難しいかもしれません。

 

そのような場合には、相続放棄という手段を考える必要があります。

 

法律上は相続が開始してから、または自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てをして、認められれることで相続放棄が出来ます。

 

相続放棄に必要な書類は主に以下の通りです。

 

  • 申述書
  • 相続人の戸籍謄本
  • 亡くなった人の戸籍謄本
  • 被相続人(亡くなった人)の徐住民票
  • 収入印紙
  • 申述人の認印

 など

 

しかし相続放棄によって借金だけが無くなるわけではありません。

 

相続を放棄するということは、不動産や預金などの相続対象となるすべての財産も相続を放棄するということなのです。また相続放棄をする場合、相続人となる人すべてが相続放棄の手続きをしなければいけません。

 

例えば、亡くなった人の妻や子供だけが相続放棄をしても、亡くなった人に親や兄弟がいれば次はその人に相続権が移ってしまうためです。そのため、相続放棄する時は、家族など残された相続人すべてにきちんと話をしてからするようにしましょう。

 

さらに過払い金が発生している場合、その過払い金の請求権利まで失ってしまうことになります。

 

特に死亡した借入契約者が、既に完済間近まで返済を続けていた場合、過払い請求できる金額の方が借入残高よりも大きい可能性があります。

 

例えば、借入残高が10万円程度残っている一方で、これまで蓄積していた過払い金が100万円以上になっていることもあり得ます。

 

相続放棄の注意点は以下の通りです。

 

  • 3ヶ月以内に申し立てをすること。
  • 相続放棄をすると相続権が他の身内に移るということ。
  • プラスの財産も放棄しなければいけないこと。
  • 相続放棄の撤回は出来ないこと。(ただし、脅迫などによって相続放棄をした場合、詐欺によって相続放棄をした場合は例外で取り消しにすることができます。)
  • 相続財産に手をつけてしまった場合(例えば売却してしまった場合)、相続を承認したと判断され、相続放棄が出来ないこと。
  • 過払い金がある場合、相続放棄により過払い金請求権利を失ってしまうこと。

 

実際はどうなのか?

前述の通り、サラ金の借金は相続対象となります。しかし実際には、サラ金会社との和解が成立するケースも少なくありません。

 

相続手続には、かなりの時間と手間を必要とします。

 

そのため、サラ金会社の多くは面倒な裁判手続きを繰り返してまでも、相続した遺族に返済請求しちょうとは考えないのです。

 

遺族側が申告を行えば、意外なほどあっさりと債権放棄証書を提出してくれるケースも多いでしょう。

 

 

 

ただし和解できるかどうかは、サラ金会社やその時点の状況により異なります。特に生前に抱えていた借金の額がいくらか不明といった状況の場合、思いもかけない請求金額が発生する危険もありますので、相続放棄を行うことが安心できるかもしれません。


 

いずれにしても、できれば弁護士や行政書士などの法律の専門家に相談して、適切なアドバイスを受けることをお勧めします。