サラ金では在籍確認が必要?

サラ金では在籍確認が必要?

「サラ金を利用したいけど、職場に在籍確認されるとちょっと……」
「連絡がくるまで落ち着かない、仕事も手につかない」
「在籍確認とはそれほど大切なことなの?」

 

サラ金の審査では、通常勤務先に対する在籍確認が行われます。しかし在籍確認に対して、このようなイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

サラ金審査における在籍確認とは?

サラ金などの金融機関に申込を行うと、勤務先にサラ金会社側から電話がかかってきます。これが「在籍確認」の電話です。

 

電話がかかってきたときに申込者本人が出ることもあれば、職場の同僚が出ることもあるかもしれません。しかし必ずしも申込者本人と話をする必要はなく、申込者がその会社に勤務していることを確認できれば在籍確認は完了です。

 

サラ金の審査では申込者が申告した申込情報に従い、審査の可否を判断することになります。この際「勤務先」の情報が間違っていれば、返済にも悪影響を与えることになります。

 

実際に申告した会社に勤務していなければ、以後の返済にも支障を与えることになるでしょう。

 

申告された勤務先情報が正しいかどうかを確認するのが「在籍確認」です。

 

勤務先に電話がかかってくることで、勤務先にサラ金の利用がバレルことはまずありません。電話はサラ金会社名ではなく、個人名でかかってきます。サラ金会社側もその点に対しては十分に配慮しています。

 

法律上でも「債務者の借入情報を第三者に公開してはいけない」と定められており、これは審査時の対応も含まれます。

 

違反した場合、罰せられるのは金融機関側ですので、自社が自ら損害を被るようなことはまず行いませんので安心しておきましょう。

 

借入を利用するには、それなりの審査を受けることは当然です。その中でも「在籍確認」は重要な意味を持っていることを覚えておき、素直に受け入れるようにしてください。

 

 

もし在籍確認に不安な点があれば、申込の際に担当者と相談しておくとよいでしょう。
例えば、「親族を名乗る」「友人を名乗る」といったように、ある程度の要求は受け入れてくれるでしょう。


 

在籍確認が行われない先もある!!

最近のサラ金会社では、大手先でも在籍確認を行わない先も登場しています。ただしこれは「在籍確認の電話を行わない」という意味であって、別の手段で勤務先の確認を行うことを意味しています。

 

例えば次のような「書類の提出」で勤務先の確認を行うことで「在籍確認」に代わる確認を行います。

 

  • 社員証
  • 組合健康保険証
  • 在籍証明書

 

これらの書類の提出で、申込時の勤務先が正しいことを確認します。

 

ただし中小のサラ金会社で「在籍確認不要」としている先の中には、悪徳業者、いわゆる「闇金」の存在も無視できません。

 

インターネットの口コミ情報や金融庁の貸金業登録情報などで闇金でないかどうかを確認するようにしましょう。